七宝焼きについて

七宝焼とは

七宝焼とは、伝統工芸技法のひとつで、銀・銅・丹銅などの金属の「胎」素地上に釉薬(ゆうやく:カラス粉末、鉱物質の微粉末を水でペースト状にしたもの)を乗せたものを800℃前後の高温で焼成することによって、融けた釉薬によるガラスの美しい彩色を施すものです。金泊や銀箔を用いて日本的なイメージや透明釉薬との組み合わせで西洋アンティーク調の作品も創り出す事も可能です。

 

有線七宝

リボン状の薄い銀線で模様をつける技法。細いリボン線を文様の輪郭線に用い、それを境界にして釉薬を盛り焼成して制作します。
細かい図柄を表現できますが、植線の手間のかかる手法です。

エナメル(ヨーロッパ)七宝

主にヨーロッパのアンティーク・ジュエリーに見られる技法です。
英語ではエナメル、フランス語ではエマーユと呼ばれています。工芸品やジュエリーのエマイユにおいては、宝石のようなガラスの色と輝きが、金属(金、銀、銅)の光沢と組み合わさって、たいへん美しい効果を産み出します。

パート・ド・ヴェール

ガラスの粉末を型の中で熔融して成型するガラス工芸の技法の1つで、フランス語で「ガラスの練り粉」の意味です。

「パート」は本来焼き物用に練った土を指す言葉で、まず粘土やワックス等の素材で作品の原型となる塑像を作り、それをもとに耐火石膏などで鋳型を作って様々な色のガラスの粉に糊を加えて練ったもの(ヴェール)を詰め、そのまま窯の中で焼成して、冷えたあと鋳型から取り出し表面を研磨して仕上げるもので、陶磁器とガラス双方の長所を備えた中間的製法とされています。

鋳型に詰めるガラスの粉は、その目的に合わせて粒の細かさや色の種類・濃淡などを自由に調合でき、さらに細部まで自在に色を付けることができるため、吹きガラスでは作ることが出来ない極めて繊細で表現豊かな作品の制作が可能です。